おまとめローンとはどのような契約なのか

おまとめローンとは複数の債務を一本化する契約のことです。よって、複数の借入先への返済を行っていたものを、一箇所へと集中的に返済を行っていくことになります。特徴は現状よりも金利を小さくできる可能性があることです。複数の借金があった場合、金利だけで借金が大きく膨らんでしまいがちですが、おまとめローンを利用することで金利が小さくなり返済の負担も減らすことができます。返済管理が楽になるのもおまとめローンの特徴です。返済先が多くあると管理が大変となり、時には返済期限を過ぎてしまうなどの失敗をすることもあるはずです。また、次々とやってくる返済日が精神的な負担にもなってしまい兼ねません。そういった時もひとまとめにしてしまうことで管理が楽になり、返済のタイミングも安定することで精神的な負担も小さくできることでしょう。しかしながらおまとめローンは良い点ばかりでなくデメリットもはらんでいます。よく理解して利用しないと失敗をしてしまいますので注意が必要です。

デメリットに、まず金利が小さくならない可能性があることです。元の借入先と比較して、一見すると安くなっているように見える場合でも、実はそれほど安くなっていないことがあります。そもそもおまとめローンを利用する場合、多重債務になっており貸し倒れリスクをはらんでいる人という扱いになります。そういった人に対しては金利を上限ぎりぎりまで高くして契約をすることもありますから、実際はそれほどメリットは得られていないことがあるのです。引き直しのチャンスを逃してしまう可能性があるのもデメリットのひとつです。グレーな金利での借金をしていた場合、利息制限法に基づいた計算によって引き直しができることがありますが、おまとめローンを組んでしまうとグレーな金利で膨れた残高のまま計算をします。即ち返ってくるはずのお金まで支払う羽目になってしまいますので、結果的に損をすることになる可能性も否めないのです。